神様に会いにいく

【連載エッセイ】 Vol.8 神さま=仏さま?(新熊野神社)


イザナミノミコトに会いにいこうと思い、調べてわかったもうひとつの神社が「新熊野神社」。新と書いて「いま」と読みます。熊野神社のニューバージョン? と一瞬思ったのですが、そうではなく、熊野に34回も参詣するほど熱心な熊野信仰者である後白河法皇が自分のお寺を守る鎮守社として創建し、紀州の熊野に対して「新」熊野神社と名付けたそうです。

はい、さらっといろいろややこしいことを書きましたが、おいおい少しずつ説明します。気にせずついてきてください。

新熊野神社は、三十三間堂の南東にあります。車がびゅんびゅん通る東大路通り沿いに建っています。

じゃじゃん。

そして、イザナミノミコトが祀られている本殿です。

でも説明を読むと、ここに祀られているのは、

熊野牟須美大神=イザナミノミコト=千手観音

だそうです。

・・・?

むむっ、わたしはどなたに会いに来たのでしょうか。

・・・というわけで、わたし、新熊野神社さんのホームページやあれこれやで、一生懸命勉強しましたので、ちょっと聞いてね。

熊野には、熊野川を御神体とする信仰(本宮)、那智の滝を御神体とする信仰(那智)、神倉山の「ごとびき岩」を神の依代 とする信仰(速玉)があり、それぞれの神様の名前が、家都御子神(けつみこのかみ)、熊野速玉男神(くまのはやたまおのかみ)、熊野牟須美神(くまのむすみのかみ)とおっしゃいます。

うんうん。那智の滝を見にいったことあるけれど、あれは思わず神様として祀りたくなるような滝でした。わかる、わかる。熊野信仰は自然信仰。

そこに古事記をもとにした祖先神信仰(古事記の神々は天皇の祖先なので)が入って来て、スサノオ、イザナミ、イザナギがそれぞれの神に割り当てられたのだそうです。

(・・・なんだと? 割り当てた?)

それとはまた別に仏教が入って来て、仏も熊野の神々に割り当てられたそうです。

(え、仏も?)

つまりこういうことだそうで。

熊野家津御子大神=スサノヲノミコト=阿弥陀如来

熊野牟須美大神=イザナミノミコト=千手観音

速玉之男大神=イザナギノミコト=薬師如来

というわけで、立て札にも、名前が3つずつ書かれています。

他の神様も、仏様の名前と一緒に書かれています。

アマテラス様は、十一面観音様なんだそうで。

この連載を通して神様に思い入れをしてきたせいで、スサノオ=阿弥陀如来だよと言われても、なかなか納得しがたい。イメージもしにくい。いや、イメージしようとするからダメなのかもしれない。もっとおおらかな、まるっとした、大きな気持ちで・・・宇宙はひとつ・・・。

・・・ダメだ。わたしには無理だ。

昔の日本人の気持ちが全然つかめない。この連載を続けていったらわかるようになるのかな。

※もっと知りたいという方は新熊野神社さんの月1で行われている神道講座に出るといいと思います。毎月第1日曜日の午前9時から。次回11/6(日)のテーマはまさに「神仏習合」です。

本殿の裏手を通って「熊野詣」をすることができます。なんだか子供のときの探検遊びのような気持ち。

木々に囲まれて不思議な空間。

森の中は鳥がさえずり、木々が心地よくざわめいている。すぐ側に車が走っている道路があるとは思えない。この神社があるから、この森は守られてきたのだなと思う。

そして、新熊野神社には後白河法皇が植えた樹齢九百年のご神木(クスノキ)があります。すぐ近くまで寄って拝見することができます。

この迫力。この溢れる生命感。

この木を見上げた瞬間、知識を詰めこんでぐるぐる混乱していた頭の中が、一気に真っ白になって、きれいになった。歴史のことや、昔の人の気持ちは、本当にはわからないかもしれない。でもこの木は九百年間、生き続けている。その事実が胸に迫って何だか泣きそうになった。

木の生命力もすごいけれど、こんな都会にある木が九百年生き続けるためには、それを守ろうとする人たちの思いがなければ無理だろう。誰かが切ると決めたら、木は抵抗できない。神社だって神様だって仏様だって、みんなが「バカバカしい、全部やめた」と思ってしまったら、なくなってしまう。でも、権力者に時には助けられ、時には弾圧されながら、形を変えて、日本の人々にとって必要なものとしてずっと生き続けている。そしてそれは、過去の遺物ではなく、この木のように青々と新芽を出して、現代の空気を呼吸しているんだなと思った。

もっと柔軟になりたいな。いろんな先入観を捨てて自由になりたい。そうしたら、神々の住む世界を肌で感じられるようになれるかな。

施設情報

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)

神社

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)

この記事を書いた人

寒竹泉美

小説家・医学博士

寒竹泉美

岡山生まれ、広島育ち。京都に住んで15年が過ぎました。ペット可の古い貸家で白黒猫のモーちゃんと夫と、マイペースに暮らしています。

関連記事

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu