おいしいもん倶楽部

【下鴨デリ】旬野菜たっぷりのお惣菜ランチ、テイクアウトも可


下鴨神社の北側から下鴨本通へ出たところにある洋風お総菜の店、その名も「下鴨デリ」。
神社観光の前後にぜひとも立ち寄ってもらいたい一軒なのですが、実はここ、わたくし小春が月に何度かスタッフとして働かせてもらっているお店でもあるのです。
雑誌の取材で訪れ、なーんて素敵なお店なんだ!と感激。
「アルバイトを募集している」というのを聞きつけ応募したというわけなのです。
一体お店のどんなところに惹かれたのか? 思い入れたっぷりにご紹介します。

お店はカウンターで先に注文するスタイル。まずは席を確保してからオーダーをどうぞ。
ランチをするなら、パスタやバターチキンカレー、ガパオご飯などお好きなメインに好みのデリ3種が選べる、お得な「下鴨デリセット」がオススメ。
がっつり食べたいという人は、+180円でデリを4品に増やすことも可能です。
また、デリだけ味わってみたいという人には、お手頃なデリ3品(¥650)もありますよ。

デリで使用するのは、京都は丹波にある婦木農場から直接届けられる新鮮野菜。
有機肥料を使い、なるべく農薬を使わず育てられた旬野菜ばかりです。
お総菜の内容は「自家製ツナのサラダ」や「人参のラぺ」など定番はあるものの、届いた野菜ありきで作られるものが大半。
トマトがおいしい時期はトマトとモッツアレラのカプレーゼが登場したり、定番人気のラザニアも、上に乗る野菜が茄子になったり、ズッキーニになったり。
いつでも旬の野菜を使ったお総菜が並んでいるのが魅力。

季節感たっぷりのデリが常時15~18種類並ぶショーケース。
「どれにしようかな」と迷う時間も楽しい。
上の段から下の段まで、すみずみまでチェックしてからゆっくりオーダーしてください。

お店ではランチタイムを設けていないので、少し遅い時間に食事をしたいという人も大丈夫。
店内には小さいお子様用の椅子があったり、絵本や取り分け用の小皿が置いてあるなど、子連れのお客様も安心して過ごせるような配慮も。

アップルケーキやスムージーなどのカフェメニューもスタンバイするほか、外が気持ちのいい季節にはデリをテイクアウトして鴨川の河川敷でピクニックをするというお客様がいたり、お酒に合うようなデリもあるので、ホテルで気軽にワイン+お総菜なんて楽しみ方もできますよ。
スケジュールやお腹のすき具合、気分に合わせて楽しみ方自在な、使い勝手のいい1軒です。

施設情報

下鴨デリ

デリカテッセン

下鴨デリ
  • 京都市左京区下鴨松ノ木町51 プラザ葵1F
  • 075-702-3339
  • 1:00〜19:30(LO-19:00)水曜定休
  • http://shimogamo-deli.com/

この記事を書いた人

ことり会

フリーランスな女子3人ユニット

ことり会

ことり会とは、ライターである小春(1児の母)と椿屋(兼高校講師)、イラストレーターの辻ヒロミというフリーランス女子3人が結成した「もっと京都を知ろう!」という集い。歴史を学び、素敵な場所に行き、おいしい料理を食し、かいらしいものを愛でる会です。会の名前は、初回の「ごはん食べ」で小春がふたりに贈った小鳥から。

関連記事

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu