おいしいもん倶楽部

【麩屋町 うね乃】決め手となる出汁の豊かさに唸るおでん屋さん


初来訪で迷わずたどり着けるとしたらその人はよっぱどの京都通か類まれなる方向感覚(と嗅覚)の持ち主に違いありません。
それくらい、このおでん屋さんはひっそりと営まれているのです。

とあるビルの奥。
そっと開けると、さらに奥へと続く通路を経て扉の向こうにはL字型のカウンターのみ。
こじんまりとした静かな空間です。

壁にはシンプルにメニューが掲げられ、カウンター内にはすっきりとした作業台があり、奥の厨房から出てくる料理の仕上げが行われます。
その所作の丁寧さに、これから食べる味を想像して胸が高鳴るこのひととき。
それすらも、ご馳走の一部です。

まずは、定番のタネから。
好物は、大根ともち巾着。
そして、京都に来てからその美味しさに目覚めた飛龍頭(ひろうす)も。

変わり種としては、まさかのスライス!
なのに、歯応えも絶妙なズッキーニをお代わりするほど気に入り。

だし on だしのだしまきも、衝撃の旨さ。
気づけは、全部制覇する勢いです(笑)

さらに、滾ったのは……お豆腐を頼むと、削りたてのかつおぶしをどっさりと乗せてくれること!!
そのまま食べても、だしに浸して食べてもOK。
口中に広がるだしの香りほど、贅沢なことはありません。

あっさりしているのに、しっかりと風味が楽しめるにんじんも前のめりになるほど、好みの味でした。
シメには、「麺」「飯」なども用意されているのでとことん「おだし」を堪能できるラインアップです。

家庭料理の定番ではあるものの、実は下ごしらえが手間なおでん。
さらに一人暮らしだと、どうしても連日食べ続ける羽目になり、カレーやらなんやらとアレンジするのも正直面倒という身としては、鉄壁のおだしで作られるおでんがこんなにも気軽にいただけるすてきなお店が出来てくれて、心底感謝している次第です。

施設情報

麩屋町 うね乃

おでん

麩屋町 うね乃
  • 京都市中京区麩屋町通押小路上ル尾張町225 第二ふや町ビル103
  • 075-213-8080
  • 11:30~14:30(L.O.14:00)
    17:30~23:00(L.O.22:00)
    火曜定休
  • http://www.odashi.com

この記事を書いた人

椿屋 山田涼子

文筆・講師

椿屋 山田涼子

京都は西陣にある長屋に暮らし、書籍に埋もれ、美酒美食を愛し、映画や着物に散財しながら、取材をしたり文章書いたり国語を教えたり。映画・演劇好きが嵩じて、レビューサイト「椿屋劇場」をオープン。支配人として年間150本以上の鑑賞を行う。

関連記事

関連記事はまだありません。

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu