おいしいもん倶楽部

【XUAN】京野菜たっぷりのフレンチ流ベトナム料理


哲学の道から西へ、白川の疏水ほとりに佇む一軒家レストラン「XUAN(スアン)」は、ベトナムフレンチという新ジャンルの草分け的存在。

ベトナムがフランス領だったことから、フレンチの手法を巧みに取り入れたベトナム料理を提案しています。

オーナーシェフの桑島氏は、契約農家との交流をきっかけに、野菜ソムリエの資格を取得するほど、新鮮な旬野菜の味わい深さに魅了されたのだそう。

「ベトナムではまだまだ冷蔵庫のない家庭が多く、朝に仕入れた食材を鮮度の高いその日のうちに調理してしまうのが一般的なんです。

しかも、日本と同様に生野菜もたくさん食べられています。

だから、当店でも可能なかぎりベトナム流に則って、素材本来の持つ味を活かす料理を提供しています」。

XUANの料理は、甘酸っぱい味つけを特徴とする、日本人の口にも合うマイルドな南部料理が基本なのです。

看板メニューは、生春巻き!

シャキシャキとしたもやしに、ぷりぷりの海老、香り高いニラやシソなどが、ぎゅっと巻かれたベトナム料理を代表する品で、その歯応えは現地の味そのもの。

さすが、現地の料理人・フォン氏がプロデュースするだけあって、日本にいながらにして本場の風味や雰囲気を存分に愉しむことができるのも、魅力のひとつに。

さらに注目したいのが、この生春巻きの相棒でもある味噌だれ。

通常、スイートチリソースでいただくことが多い生春巻きを、京都ならではの白味噌(老舗味噌問屋「関東屋」さんで特別に作ってもらっているものなんだとか)をベースにしたオリジナルのたれで、これだけを買い求めるファンがいるほどの逸品です。

その他、季節の野菜をふんだんに盛り込んだサラダや、日替わり&おまかせで供される前菜盛り合わせ、ベトナムのお好み焼きとして知られるバインセオなど、現地の香りただようメニューがもりだくさん。

サイゴンビアやバーバーバーなど現地で愛されるビールはもちろん、ベトナム産のワインやリキュールも揃っていて、料理との相性も抜群です。

香ばしく焼かれたバインセオは、パクチーと一緒にレタスやシソに巻き、お好みでヌクマム(魚醤)ベースのたれをかけていただきます。

しっかりと濃い味がする野菜がたっぷりで、ボリューム満点なのにヘルシーなのもうれしいかぎり。

メインに魚や肉料理が味わえるコースなら、なおお得です。

シメは、米粉を使った麺料理として愛されるフォーを。

つるつるとしたのど越しのいい麺にスープがよく絡み、途中でライムを絞ればさらに爽やかにぺろっと食べられてしまいます。

そして最後には、スイーツもお忘れなく。

人気なのは、チェー!

クラッシュアイスが入ったパフェのようなもので、よーく混ぜて食べるのが本場スタイル。

練乳入りのベトナムコーヒーと一緒に召し上がれ。

なお、店内中2階には奥様が現地で買い付けてくる雑貨やアオザイなども所狭しと並び、仕入れから帰国すると「待ってました!」とばかりに、多くのファンが駆けつけます。

長年の常客たちが足繁く通うため、週末は予約必須。

当日でも直前に電話で確認を。

施設情報

ベトナムフレンチ XUAN(スアン)

ベトナム料理

ベトナムフレンチ XUAN(スアン)

この記事を書いた人

椿屋 山田涼子

文筆・講師

椿屋 山田涼子

京都は西陣にある長屋に暮らし、書籍に埋もれ、美酒美食を愛し、映画や着物に散財しながら、取材をしたり文章書いたり国語を教えたり。映画・演劇好きが嵩じて、レビューサイト「椿屋劇場」をオープン。支配人として年間150本以上の鑑賞を行う。

関連記事

関連記事はまだありません。

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu