社寺さんぽ

【瑞巌山 圓光寺】心を見つめる、侘び寂びの世界


圓光寺は、野仏庵から少し北にいったところにあります。
瑞巖山 圓光寺といい、臨済宗南禅寺派の寺院です。
慶長6年(1601年)に徳川家康の命により、伏見に学問所を建てたのがはじまりです。
相国寺に移転し、1677年に今の一乗寺小谷に移転しました。
明治以降最近までは、臨済宗唯一の尼僧修学道場でした。

山門をくぐって、この道を上がっていくと・・

目前に、いきなり広がる枯山水の奔龍庭!
あまりの迫力に、呆気にとられてしまいました。
まさに庭に描いた雲龍図です。
なんて凛々しくてかっこいいんでしょう。
回遊式庭園となっており、あまりに素晴らしすぎて、ぐるぐると周ってしまいました。

続いて広がるのは、十牛之庭。
本堂に腰かけて、キラキラと葉に反射する木漏れ陽を、しばらく眺めていました。
庭園の入口にある水琴窟に耳を傾けると、心地よい水音が響きます。

「日曜早朝座禅会」というのがあり、事前申し込みで座禅堂で、座禅体験をすることもできます。
心を無にして、暫し日常から離れてみるのも、いいリフレッシュになりそうですね。

庭園を散策していると、こんなかわいらしいお地蔵様がいました。
木魚に持たれて昼寝をしているのでしょうか?

可愛らしい笑顔に、こちらも思わずにっこりしてしまいます。
このお地蔵さんは、何を思っているのでしょうね。
萩野なら・・
「おいしいものを食べられてハッピー♪」

これは道の途中にいたお地蔵様。
・・ん? 布袋さん!?
一瞬通り過ぎて、戻って・・思わず二度見しちゃいました。
大きなお腹をでーんとして横になっている様は、
「お腹いっぱい、もう食べられまへんわぁ」
こんな声が聞こえてきそうです。
食べ物ばっかりだって?
あ、食い意地張ってるのばれました?

施設情報

瑞巌山 圓光寺

寺院

瑞巌山 圓光寺
  • 京都市左京区一乗寺小谷町十三番地
  • 075-781-8025
  • 9:00~17:00
  • 【拝観料】大人:500円、中高生:400円、子ども:300円
  • http://www.enkouji.jp/
  • enkouji

この記事を書いた人

萩野桂

ライター

萩野桂

京都生まれの京都育ち。詩や小説を綴りつつ、歴史が語る、京の記憶に魅せられて、今日もふらりと歩いています。

関連記事

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu