社寺さんぽ

【河合神社】女性なら一度は訪れたい“美”の神様


河合神社

河合神社は、世界遺産でもある下鴨神社の第一摂社にあたり、ちょうど糺の森(ただすのもり)の入口の左手にあります。
『延喜式』には、鴨河合坐小社神社(かものかわいにいますおこそやけのじんじゃ)と書かれ、神武天皇の母、玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神として祀っています。
玉依姫命は、玉のように美しいことから美麗の神としても知られています。
ちょうど賀茂川と高野川の合流地点に鎮座するため、河合神社と呼ばれます。

美人姉妹の正体は・・?

『古事記』には、玉依姫に纏わるこんなエピソードがあります。

海神、綿津見神(わたつみのかみ)には、娘が二人いました。
姉を豊玉毘売(とよたまびめ)、妹を玉依毘売(たまよりびめ)といいました。
海神国で天の神火遠理命(ほおりのみこと)と結婚し、身ごもった豊玉毘売は、火遠理命のもとに向かいました。
火遠理命は妻のために産屋をつくり、屋根を鵜の羽で葺きました。
そして、いよいよお産がはじまるというときに、火遠理命に「他国のものは、出産するときに本国の姿に戻ります。どうかその間は絶対に見ないでください」
わざわざそんなことを言わなくてもいいのに、絶対に見ないでといわれたら、気になって見たくなるのが心情。
火遠理命は約束を破って、産屋を覗いてしまいます。
そこには、大きなワニとなった妻が身をくねらせていたのです。
火遠理命は恐ろしくなって逃げました。
豊玉毘売は本当の姿を見られたことが恥ずかしく、子供を置いて本国へ帰ってしまいます。
子供は、鵜の羽で葺き終わらないうちに生まれたので、鵜葺草葺不合命(うかやふきあえずのみこと)と名付けられました。
豊玉毘売は置いてきた子供の事が忘れられず、妹の玉依毘売を送りました。
成長した鵜葺草葺不合は叔母の玉依毘売と結ばれ、4人の子供が生まれました。
そのうちの一人、伊波礼毘古命(いわれびこのみこと)が初代天皇である神武天皇だと言われています。

姉がワニなら、妹も・・? と思うかもしれません。
ちなみに、ワニは和邇ともいい、今のワニともサメとも言われていますが、私は王仁氏のことではないかと思います。
王仁氏は、のちの応神天皇の時代に百済から渡来した豪族です。
これなら異国というのもうなづけますよね。
美人姉妹の正体が、本当にワニだったらさすがにびっくりです。
異国の美人姉妹であったと信じたいものです。
みなさんはどう思いますか?

玉依姫は、実は二人いた!

総門

三井社(別名三塚社)
中社 賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
西社 伊賀古夜日賣命(いかこやひめのみこと)
東社 玉依媛賣命(たまよりひめのみこと)

総門のちょうど向かい側にあります。
このあたりは蓼倉郷にあたり、三井社は賀茂社蓼倉郷の総(祖)社として祀られていました。
中社の賀茂建角身命は、賀茂氏の祖先と言われています。
『古事記』によると、日向(ひむか)から東に向い、熊野の地に降り立った伊波礼毘古命の案内人として、天から八咫烏が使わされました。
この八咫烏が賀茂建角身命の化身だといわれています。
伊賀古夜日賣命は、賀茂建角身命の妻になります。
こちらにも玉依姫が祀られていますが、二人の子に玉依日子(たまよりひこ)と玉依姫(たまよりひめ)がいたことから、二人の関係性からすると、子供の方になります。
つまり、玉依姫は二人いたのです。
どちらの玉依姫か混同してしまうため、海神の子を玉依毘売(姫)、賀茂建角身命の子を玉依媛と書き分けているようです。

社殿は、下賀茂神社の延宝7年(1699)式年遷宮の古殿社を修造したものです。
本殿の左手には、河合神社創始のときから祀られているという、任部社(とうべのやしろ)[古名専女社(とうめのやしろ)]があります。
ご祭神は八咫烏命(やたがらすのみこと)です。
専女とは稲女とも書き、食べ物を司る神様が祀られていたことを示しています。

化粧して奉納する、鏡絵馬

本殿の両脇には、「鏡絵馬」と呼ばれる、手鏡型の絵馬が飾られています。
絵馬には、あらかじめ眉、目、鼻、口が描かれています。
この顔を自分の顔に見立てて、自分の化粧道具などでお化粧をし、外見的な美しさだけでなく、内面的にも美しくなれますように、とお祈りして奉納します。

ではさっそくやってみましょう。まず、社務所で鏡絵馬を求めます。
初穂料は800円です。
御供米(おくま)もいただけます。
これをご飯に混ぜて炊くと美しくなれるのだとか。 境内にはお化粧室も用意されていて、クレヨンや色鉛筆も用意されています。
さっそく、化粧道具で顔を描いていきます。
絵を描くのが苦手なので描くのが難しい・・。

友人と一緒にしましたが、それぞれ個性が出ておもしろいですね。
(注)絵馬の上の八咫烏おみくじは、上賀茂神社のものです。

裏面には願い事と名前を書いて、本殿の祭壇前にある鏡に自分の姿を映し、祈願して奉納します。
もちろん、日ごろの心がけも忘れずに・・。

鴨長明が晩年過ごした、移動式住居

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

国語の授業で、誰もが耳にして暗記した記憶があるのではないでしょうか?
この一文から始まる『方丈記』の作者、鴨長明は、下鴨神社の禰宜(ねぎ/神職のこと)長継の次男として生まれました。
幼少のころから歌道に優れ、後鳥羽院にも認められて、御和歌所寄人となり、宮廷歌人として活躍しました。
『新古今和歌集』には、

石川や 瀬見の小川の 清ければ 月も流れを たずねてぞすむ

といった歌をはじめとした、十首が取り上げられました。
この瀬見の小川は、河合神社の東を流れる川のことです。

長明が晩年を過ごしたといわれる建物を再現した「方丈の庵」が境内に展示されています。
長明は50歳の頃、禰宜鴨祐兼からの強い反対により、神職の道を閉ざされて出家しました。
そして、大原からあちこち転々としながら『方丈記』を書きました。
この建物は、各地を移動しやすいように、組立式となっています。
また、一丈(約3m)四方になっていることから、「方丈」といわれています。

施設情報

河合神社(愛宕郡鴨川合坐小社宅神社)

神社

河合神社(愛宕郡鴨川合坐小社宅神社)
  • 京都市左京区下鴨泉川町59(下鴨神社内)
  • 075-781-0010
  • 6:30~17:00

この記事を書いた人

萩野桂

ライター

萩野桂

京都生まれの京都育ち。詩や小説を綴りつつ、歴史が語る、京の記憶に魅せられて、今日もふらりと歩いています。

関連記事

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu