社寺さんぽ

【車折神社】駅から徒歩0分(後編)


芸能の神様

車折神社には、パワーストーン『祈念神石』以上に有名な場所があります。

境内社『芸能神社』。

車折神社の公式ホームページの紹介文には“アーティストのパワースポット”とあります。

嵐やEXILE、名だたる俳優の名前が書かれたこの赤い棒(玉垣)を一目見ようと、たくさんのファンの方が訪れます。

きっとアナタも好きなアーティストの名前を探さずにはいられません。

美と金運の神様『弁天神社』

芸能神社という有名なスポットを今回はサラッと通過し、先ずは手を清めるため手水舎へ。

手水舎で、水遊びをする子供が多いのでしょう。『子供は水なぶりをしてはいけません』の注意看板が目に入りました。

もちろん2歳になる息子も例外ではありません。

手水舎で手を清める=水遊びができると勘違いしているためコラム担当/よしけい、何とか息子の気をひいて手水舎から息子を引き離すことに成功。

が、しかし!!

ホッとしたのも束の間。何故かすぐ近くに先ほどとは別の手水舎を発見!?

写真右手の緑色のバケツのような桶は、何に使うものなのか?

手水舎の隣で水の管理をしている係りの方から「手はあちらの手水舎で…」と言われ、さらに謎は深まるばかり…。

謎をかかえたまま、息子の水遊び欲が高まらないうちに、手水舎その②を後にした担当/よしけい。

たくさんの神様が祀られている車折神社。

次に気になったのがこちらの境内摂社『弁天神社』。

案内板によると祭神の弁天様(市杵島姫命)からは、「金満美麗」のご利益が授かれるとのこと。

そう!ここは、『金運』も『美しさ』も手に入れたい方のための神様です。

日々、家事や育児、仕事に追われ、「肌のお手入れ」も「家計の見直し」も後回し…という担当/よしけいの様な女性はもちろん、男性にもおススメです。

しかし、弁天神社の魅力は、この『金満美麗』というありがたいご利益だけではありません。

賽銭箱の前に流れる水、小さな石庭を挟んで、少し離れた位置に祀られた弁天様。

他の境内社とはなにやら趣が異なります。

賽銭箱横に何気なく立てられた看板。

よく見るとこちらには『お洪水はこの中へ入れて下さい』とあります。

また、別の案内には、『緑色の手桶』は必ず元の場所にもどすよう書かれています。

緑色の桶!!!!

閃きと直感で生きているコラム担当/よしけい。

先ほど見かけた緑色の桶をすぐに連想。息子の手をとり、先ほどの手水舎その②へ。

緑色の手桶に水を汲み、弁天様の元へと急ぎます。

そして、この水(お洪水)をチョロチョロと流し入れます。

『金満美麗』のご利益を授かれるよう手を合わせたあと、手桶は元あった場所に戻します。

好奇心旺盛な息子。手桶の返却を買って出てくれました。

一連の参拝を終えたころ、弁天様に手を合わせていたカップルから手桶のことを聞かれた担当/よしけい。

さも常連かの如く「向こうにある手桶に水を汲んでここに流すんですよ」とカップルに伝授。

まだまだ水汲みをしたい熱心な息子(2歳・O型・マイペース)を抱きかかえ、弁天様に別れを告げました。

車折神社には、この他にも様々な願いを叶えてくれる神様が祀られています。

是非、一度とっておきの願い事を叶えるため車折神社を訪れてみてください。

施設情報

車折神社

神社

車折神社

この記事を書いた人

よしけい

コラム担当

よしけい

京都生まれ京都育ち。京都で就職、京都で結婚。京都検定2級取得。日々、マイペースな息子に育てられる一児の母。

関連記事

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu