ここが私のSANCTUM

【旧三井家下鴨別邸】江戸~大正期の建物の粋が楽しめる


2016年10月1日から公開が始まったばかりの「旧三井家下鴨別邸」。
レトロ建築好きのわたくし小春としては、さっそく見に行かずにはいられません!

旧三井家下鴨別邸があるのは、下鴨神社の南側。 出町柳の三角州からもほど近く、鳥居のすぐそばにその入口があります。

ここは江戸期に越後屋を興したことも知られる豪商・三井家、中でも三井北家(総領家)第10代となる三井八郎右衞門高棟(たかみね)が建てた、三井家11家の共有の別邸、だそうで、とにかく広い広い敷地内に美しい日本庭園が広がり、その中に立派な建物が鎮座しているのです。

この場所にはもともと明治42年に三井家の祖霊社である顕名霊社(あきなれいしゃ)が遷座され、その参拝の際の休憩所とするために大正14年に建てられたのだそう。

主屋はもともと木屋町三条上がるにあった三井家の木屋町別邸を移築してきたもので明治初期の建物、そして茶室は江戸後期、移築後に新たに加えられた玄関棟は大正期の建物。つまり、ここを訪れるだけで一気に江戸~明治~大正の建築物が見られるというわけなのです。

以上の歴史的なお話は、玄関棟入ってすぐの一室でガイドの方が詳しく説明してくれました。部屋には当時の写真や三井家を紹介した詳しいパネルも並んでいたので、こちらもぜひ参考に。歴史を知ってから建物を見るとまた面白さが倍増するというものです。

主屋の一階からは庭園が見渡せ、開放的な空間。ここでは庭を望みつつ、一保堂茶舗のお抹茶&和菓子(500円)やコーヒー、紅茶などのソフトドリンク(300円)が味わえる楽しみもあります。何とも贅沢。

2015年のNHK朝の連続ドラマ小説「あさが来た」のモデルとして話題になった広岡浅子さんは、三井家出身。主屋には、浅子さんのしたためた手紙(複製)も展示してありました。

部屋からお庭に出ることもできます。日本庭園をゆっくりと歩いてみて、遠目に建物全景を眺めてみてください。建物の3階には望楼が設けられ、鴨川の流れはもとより遠く大文字山まで望めるそうで、8月の送り火の日はさぞかし美しい眺めが見えたのでしょうね。望楼は3畳半ほどの小さな空間で、通常は非公開。2階と3階部分は特別公開時のみ見学可能となっています。

主屋の東側に位置する茶室。中の見学はできませんが、お庭から外観を見ることはできます。

わたくし小春がレトロ建築を見学する際、何より気になるのが細かなしつらえ。
天井や古い照明器具、窓枠のデザイン…エトセトラ。

特に江戸から大正期にかけて建てられたものには、西洋と和が融合したモダンなデザインが多く(小春調べ)、私はこの時代の建物が一番好き。というわけで、ここ旧三井家下鴨別邸には私の大好きな要素が盛りだくさん詰まっていました。

施設情報

旧三井家下鴨別邸

施設

旧三井家下鴨別邸
  • 京都市左京区下鴨宮河町58番地2
  • 075-213-1717(公益社団法人京都市観光協会)
  • 9:00~17:00(16:30受付終了)
    毎週水曜日及び12/29~12/31は休館
  • 大人410円/中高生300円/小学生200円
  • http://kyokanko.or.jp/mitsuike/

この記事を書いた人

江角悠子

編集・文筆

江角悠子

京都在住20年のフリーライター。京都関連のガイドブック、雑誌、書籍などで取材、執筆活動をしています。「ライター小春」の名で京都情報を発信するブログも運営。週に一度、下鴨神社すぐそばの「下鴨デリ」でカフェ店員に。2児の母。

関連記事

人気記事ランキング

まだデータがありません。

読みもの

特集

Menu